確実にプラス100万円が狙える競馬予想サイト【証拠有り】

上記広告のサイトが管理人の私が一押しの競馬予想サイトです。
確実にしかもお金をかけずに稼ぐにはどうしたらいいのか?と考えたところやはり

無料で稼げるサイト

且つ無料でプラスが出るサイト

を見つけることがキーになるという所にたどり着いた。競馬予想サイトを利用したことがある人ならお気づきだと思うが、無料でプラス収支の出るサイト・本当に当たるサイトなんて見たことがないと思います。あったとしても人には教えませんよね。 しかし上記広告のサイトは違います。まずは的中した画像をご覧ください。 サイトの予想公開ページのキャプチャー画像です。正真正銘、本当に的中した時の画像です。ちなみに配当は【8940円】でした。プラスでいうと「3640円のプラス」になりますね。無料でこれは大したものです。このサイトはこういったプラスになる無料予想がちょくちょく的中しているので、また驚きです。

ワンポイントアドバイス

このサイトは無料予想が的中した日の精度がすごいです。その結果で有料の予想が当たるか当たらないか大きく左右されます。1日で大体1鞍~3鞍を無料で公開しているので、1鞍でも当たっている日はほぼ確実に有料のほうの予想もあたります。しかも50万を超える高配当も多々あります。良ければトライしてみてください。いっきに大金をつかむにはこのサイトが最も近道だと私は思っています。

番記者ネット 競馬

番記者ネット【www.bkisya.net/】の検証第1弾!

番記者ネットというサイトの検証をしていきたいと思う。

その検証第1弾である今回は、番記者ネットに登録した当日に届いたメールを掲載する。

下記のメールは番記者ネットに登録した直後に届いたメールである。

どうやらこのサイトは現役の競馬記者からの情報を元に買い目を出している事が伺える。

有料買い目を3ヶ月無料のフリーパスがあるというが、無料の買い目を有料と謳っているだけだと思われる。

非常に怪しいサイトである。

サイトを利用しつつ、優良競馬予想サイトか、悪徳競馬予想サイトか判断していきたい。

~~~以下配信メール本文~~~

≪番記者ネット無料エントリー番号≫
ログインID 〔番号〕
パスワード 〔番号〕

番記者ネットへのご登録、ありがとうございます!

現役記者なら、厩舎や馬主、または騎手などから「書かないで!」と言われる規制情報を記事にするのはもちろんご法度。
紙面では手にした情報とは異なる印を打たなければならないなんてことも…!?

番記者ネットでは、そんな現役記者が記事にできないお話を『記者ブログ』で赤裸々に公開し、さらに業界初導入の『フリーパスシステム』によってそんな規制情報から導かれる渾身の買い目を無料公開させていただいております!

3ヶ月間、【有料買い目】を【無料】で公開させていただく『フリーパス』。
そして、規制情報を赤裸々公開させていただく『記者ブログ』によって、大きな馬券利益を手にしていただくことはもちろん、関係者のみが知る舞台裏を手にしていただくことでもっと競馬を楽しんでいただくことができると考えております!

『フリーパスシステム』『記者ブログ』をご覧いただくにあたり、無料エントリーが必要となりますので、下記手順に従い無料エントリーをお済ませ下さい。

■無料エントリー手順
1、下記URLからログイン画面にアクセスする

2、ログイン画面で、このメールに記載されている『パスワード』を入力し、〔ログイン〕をクリック

3、無料エントリー完了!
——————————
■ログイン画面⇒ URL

≪番記者ネット無料エントリー番号≫
ログインID 〔番号〕
パスワード 〔番号〕
└上記のURLをクリックしログイン画面へアクセスしていただき、このパスワードを打ち込んで下さい。
——————————
※ログインID、パスワードを記載した重要なメールでございます。保存されることをお薦めいたします。
※ご登録にあたり当社から無料メルマガが送信されます。受信を了承した上、無料エントリーを行って下さい。
※ログインIDは1回、パスワードは何回でも変更が可能です。変更手続きはサイトトップページから行って下さい。
※お問い合わせ・解除は番記者ネットトップページより行って下さい。
※本メールは自動配信・送信専用のメールでございます。

株式会社番記者ネット

注目記事【殿堂入り】

競馬予想サイト口コミニュース

この記事のトラックバックURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*